記事一覧

天城大会〜二日目〜

ファイル 12-1.jpgファイル 12-2.jpgファイル 12-3.jpgファイル 12-4.jpg

2日目第一試合 連合 6-5 東京
人数カツカツで試合をした1日目と打って変わって両軍ともSF付きの陣容で試合が出来る運びに。
連合は初回からイケイケムード。GINJI(四)、しゅわ(四)が連続安打で出塁すると、吉野(日)のタイムリーで先制。
連合は二回にもさち(四)の内野ゴロの間に1点、三回も吉野、新井(埼)のタイムリーで3点を挙げた。
昨日の疲れで戦う余力がないに見えた東京も徐々に反撃。菊池のホームラン、山口、小手、田辺のタイムリーなどで2点差に詰めより迎えた最終回にドラマが...
2死から小松が安打で出塁、1番に戻って菊池の打った打球は左方向へ。1塁から小松が生還、菊池のERの志村は一気にスパートをかけ、コーチャーとベンチが総じて「止まれ」を指示する中強引にホームへ。
ホームイン時、キャッチャーの守備妨害を取られアウト。
連合が皮一枚差で勝利した。


2日目第二試合 東京 17-4 連合
天城シリーズ最後の試合となった4試合目。東京打線が初回から火を噴き大信田、原田、小松のタイムリーで5点を先制。
2回も大信田、原田、永関のタイムリーで6点。序盤で11点を奪い試合の主導権を握ると、先発志村が連合打線をホセ、GINJI、しゅわのタイムリーによる4失点に抑えて完投勝利。
このシリーズ、対戦成績を東京の2勝1敗1分とし、終了した。


一部チームで天城開催告知の不徹底や、代表間の連絡のまずさなどで結果的に連合軍対東京の試合が2日4試合行われることとなり、これが原因ではないだろうが試合のオンオフの加減で怪我人が出たり、翌週疲労がなかなか抜けなかったという声も聞く。
その反面2日目は昼で終了というスケジュールは、帰りの渋滞もなく、帰宅後ゆっくり休めたという意味では概ね好評だったと言えよう。

もう少し開催方法に工夫があっても良かったが、それはやはり人数が少なくかったチームのメンバーの出欠報告がもう少しきちんと機能されていれば...と悔やまれてならない。
これを機に各チームとも試合の出欠状況を「なあなあ」ではなく「きちんと」やるべきではないか?と思うがどうだろうか?
たまたまESSAだったから今回はなし崩し的でも出来たのであって、これが二度三度あってはならないと思う。

天城大会〜一日目〜

ファイル 11-1.jpgファイル 11-2.jpgファイル 11-3.jpgファイル 11-4.jpg

遅くなってすみません!
天城大会のレポートを致します。

1日目第1試合 東京 28-9 連合軍

東京を除く3チームで1チーム分しか人が揃わず、3チームで連合軍として参戦の為、今回は公式戦扱いにならずに試合開始となった。
試合は東京原田がサイクル安打を達成、東京先発小松が完投&自らホームランを放って28得点で圧勝した。
両軍1試合目で早くも電池切れ、しばしの休憩に入る。

1日目第2試合 連合軍 12-12 東京

東京先発藤本が先発するも、連合軍意地の猛攻で3分の2イニング11失点で炎上降板、四谷ホセ選手がセンターバックスクリーンに「らしい」一発を放つ。
東京宇野が守備中に肉離れを起こしてシフトチェンジ。
代わった志村投手が試合を組み立て、東京打線は主砲不在ながらも繋いでかき回して原田のホームランで同点に追いつく。
最終回にドラマが...センター前安打で小松が出塁。続く田辺の打ったセンター方向への打球。
三塁コーチャーの志村が「回れ」を指示、しかしセンター比嘉(この日は連合助っ人)の好返球がドンピシャ決まって憤死〜ゲームセット。


この後一行は宿泊地である「木太刀荘」に呉越同舟で宿泊。
温泉に浸かりながら互いの健闘を...いや疲労を労った。

なお試合中に肉離れを起こした宇野選手は修善寺の日赤病院で診断の結果、腓腹筋損傷と診断され松葉杖姿で宿に戻って来た。

宇野選手のコメント「温泉宿に来たのに温泉に入れないなんて...」

第二節 速報

ファイル 8-1.jpgファイル 8-2.jpgファイル 8-3.jpgファイル 8-4.jpgファイル 8-5.jpg

この日のゲームは12時15分試合開始予定だったのですが、バーベキュー客が大挙公園に来場した影響で有料駐車場が満車。1時間経過しても数台が入れない状態になった為、第一試合はゲームのない東京が入れない他チームの車の面倒を見ることにして、予定より2時間遅れで14時過ぎに試合開始となりました。

第一試合 連合対四谷

  1 2 3 4 5 6 7 R
四 0 0 0 2 0 2 4 8
連 3 2 0 1 8 0 X 14

勝:志村1勝
敗:さち1勝2敗
本塁打:菅原1号

連合が初回青山の先制タイムリーで3点を先制。以後も得点を重ね5回には昌浦、イケヤ、菅原のタイムリーなどで大量8点。
四谷も終盤反撃に出るも時遅く、14対8で連合が今季初勝利。
連合1名不足の為助っ人参加の志村投手(東京)が完投勝利をあげました。


第二試合 連合対東京

  1 2 3 4 5 6 R
東 5 2 0 1 8 1 17
連 0 0 0 0 0 2 2

勝:小松2勝
敗:青山1敗
本塁打:なし

東京が初回宇野のタイムリーで先制。以後も得点を重ね17得点をあげれば先発小松が安定したピッチングで最終回まで完封ペースながらも最後にサクライのタイムリーが一矢報い快挙ならず。
試合開始が遅れた為6回で打ち切り。東京が開幕3連勝。


第三試合 四谷対東京

  1 2 3 4 5 6 R
東 0 1 5 4 1 2 13
四 2 1 3 0 0 0 6

勝:藤本2勝
敗:さち1勝3敗
本塁打:金澄1号

四谷が先制するも3回に宇野のタイムリー、金澄のホームランで東京が逆転。すかさず四谷も同点に追いつくが、垣内の内野ゴロの間に勝ち越し。以後も得点を重ねてグランド利用時間いっぱいの時間切れの13対6で東京が勝利した。
東京は開幕から4連勝。


7イニングずつ試合をするために6時間確保したグランドが「こんな混雑見たことがない(警備員・ベテラン選手)」というアクシデントで結局最初の2時間は試合が出来ず、結果的に第二試合と第三試合が6イニングで終了した。
混雑時はチーム内で相乗り推進を進める一方で、公園側も都内河川敷グランドで見られる有料施設利用者の為の駐車場確保など切に願いたい。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ