記事一覧

Windows Server 2012 R2 仮想化(Hyper-V)価格比較·購入方法-インストールとライセンス認証

Windows server 2012 R2 最新版ダウンロード•価格•購入プラン

Windows Server 2012が2012年発売以来、マイクロソフト社の仮想化分野におけるHyper-V3.0の輝かしい実績は、メディアから高く評判されています。マイクロソフト社が市場の新たな有力競争者となり、収益も大いに向上し、2014年末まで、Hyper-Vは大部分の市場シェアを占めています。

Windows Server 2012は4つのバージョンに分けられます:Datacenter,Standard,Essentials及びFoundationです。そのうちFoundationはOEMメーカーにのみ向けます。 Windows Server 2012は4つのライセンスバージョンが選択可能です。

Datacenterバージョンは完全機能のフラッグシップバージョンであり、主に高度仮想化とミックスクラウドを必要とする企業ユーザに向けます。価格は4,809ドルで、ユーザの処理データ量とユーザエンドのアクセスライセンス数次第の料金制度になっています。

Standardバージョンはサービス密度の低く、或いは仮想化を利用しないビジネスユーザに向けます。完全機能を提供するが、バーチャルマシンのインストールライセンスが2台にしか使用できません。価格は882ドルで、ユーザの処理データ量とユーザエンドのアクセスライセンス数次第の料金制度になっています。


もう一つの選択肢として、Essentialsバージョンは小型企業ユーザに向けます。ベーシックなインタフェースとクラウドサービスを提供するが、仮想化プラットフォームのライセンスを提供しません。価格は425ドルで、ユーザアカウント数は最大25です。最後のFoundationバージョンはOEMメーカーにのみ向けます。ベーシック機能を提供し、最大15のユーザアカウント利用可能で、価格未公開です。

DatacenterバージョンとStandardバージョンの機能は同じだが、唯一の差はバーチャルマシンの使用数制限にあります。ユーザはVMの需要に応じて必要なバージョンを選択して良いです。
http://blog.livedoor.jp/mswin2012_download/